在庫切れ(入荷待ち)
現在この商品の在庫はございません。
評価平均:4.3レビュー数:3

ロイヤルカナン 食事療法食 犬用 pHコントロール ドライ 1kg【在庫限り】

価格  
¥2,450 (税込)
ポイント
24ポイント
在庫なし
(一度のご購入で38個までに限らせていただきます)
サイズ:1kg
廃盤
この商品は廃盤商品です。
在庫切れ(入荷待ち)

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

商品について

重要メッセージ

2019年6月、メーカーより商品リニューアルのお知らせがございました。
リニューアルについての詳細は下記をご覧ください。
>>ロイヤルカナンphコントロールリニューアルのお知らせ
(※詳細についてはこちらのページを随時更新いたします。)

本食事療法食についての詳しい説明やお問い合わせは下記サイトをご覧ください。
>>ロイヤルカナン 犬用 phコントロール
(※リンク先の情報が古い場合がございます。詳細についてはメーカーに確認お願い致します。)

商品の説明

  • こちらの商品は賞味期限が2020年7月以降の発送となります。ご注文のタイミングにより、お届けする商品の期限が多少前後する場合がございます。あらかじめご了承の上、お買い求め下さい。


    下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整し、タンパク質含有量を制限しています。

素材・材質・成分

素材 米、コーンフラワー、動物性油脂、肉類(鶏、七面鳥)、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン)、ミネラル類(Cl、Na、K、P、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)※粒の色、形、大きさ等のばらつきは天然由来の原材料を使用しているために起こるもので、品質に問題はありません。※輸送、保管時の気温の変動により、油脂成分が粒の表面に溶け出してくることもありますが品質に問題はありません。
成分 タンパク質18.6g、脂肪17.6g、食物繊維5.8g、灰分6.8g、水分9.8g、炭水化物48.2g、カルシウム0.5g、カリウム0.83g、リン0.52g、マグネシウム0.05g、鉄14.2mg、銅1.55mg、亜鉛23.3mg、ナトリウム1.24g、EPA+DHA207mg、タウリン0.22g、アルギニン1.00g、ビタミンE62.1mg、ビタミンC20.7mg、ビタミンB群6.14mg、(単位/400kcal)
代謝エネルギー 387kcal/100g
原産国 フランス
ブランド ロイヤルカナンベテリナリーダイエット

補足

その他の注意
●予告なくパッケージデザイン・内容などが変更になる場合がございます。
●獣医師の指導のもとに給与してください。
<免責事項>
本サイトに掲載されている商品情報は、商品パッケージやカタログ、またはメーカーから提供された情報に基づくものであり、その内容について当社は責任を負いかねます。これらについてのお問い合わせはメーカーに直接行っていただきますようお願いいたします。また、メーカーによる仕様変更に伴い商品の表記と実際の仕様が異なる場合がございます。

この商品の関連タグ

商品レビュー

並べ替え
1-3件(全3件)
評価者:ペットゴー会員

まあまあ

投稿日:2014年5月28日

尿検査をしたら、石の結晶があるということで、
こちらの、ドックフードを処方されました。
最初は、よく食べていましたが、だんだんと食いつきが悪くなり、今ではしょうがなく食べている感じです。

病院の先生からも、このドックフードは、太りやすい子がいると言われてはいましたが、うちの子も、少し太ってしまいました。
石の結晶を無くすことが目的なので、量の調整とライトのドックフードなども検討し、考えていきたいと思います。

評価者:ペットゴー会員

健康第一☆

投稿日:2012年11月1日

動物病院から腎臓の数値が少し高いからと、このロイヤルカナンのドックフードをすすめられました。動物病院で購入していたのですが、ある日、ぺットビジョンのが安いことに気が付きました。もう10年以上も食べ続けていますが、このドックフードのおかげで、血液検査もいいし、元気です☆

評価者:ペットゴー会員

下部尿路疾患のワンちゃんにおすすめです!

投稿日:2009年2月18日

愛犬がストルバイト結石症を発症し、さらに1年後にはシュウ酸カルシウム結石症も加わって…どうしたらよいのか悩んでいた時に、動物病院でphコントロールを勧められました。このフードに切り替え、定期的に尿検査をしたところ、気がつくと尿に結晶は出なくなり…しばらくして、フードを普通の物に戻したところ、また尿に結晶が出てしまいました。それ以来もう何年もphコントロールのお世話になっています。
phコントロールは療養食ですが、ロイヤルカナンの製品なので、とても食いつきがよく、飽きることなく愛犬も喜んで食べています。

スペシャルコンテンツ

ページTOPへ